ENGLISH
トップ > 太陽光発電の豆知識 > 太陽光発電システム技術研究開発・普及の歴史

太陽光発電システム技術研究開発・普及の歴史

太陽光発電システム技術研究開発・普及の歴史
1954年 単結晶太陽電池(Pearson)の発明
1958年 太陽電池積載衛星の打ち上げ(Vanguard I,U.S.A)
1973年 第一次石油危機 発生
1974年 サンシャイン計画スタート
1980年 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)設立
1990年 1.太陽光発電技術研究組合(PVTEC)設立
2.電気事業法関係法令の改正により500kW未満の太陽光発電システム設置手続きの大幅な簡素化
1992年 電力会社は太陽光発電の余剰電力の販売価格で買い取る制度をスタート
1993年 1.逆潮流ありでの系統連系技術ガイドライン策定
2.ニューサンシャイン計画第I期前半(1993〜1996年度)研究開発のスタート
1994年 1.住宅用太陽光発電システムモニター事業スタート
2.「新エネルギー導入大綱」決定
  (太陽光発電システムの導入目標は 2000年に40万kW, 2010年に460万kW)
1997年 1.新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ導入促進法)の制定
2.住宅用太陽光発電導入基盤整備事業開始(補助金交付)
3.ニューサンシャイン計画第I期後半(1997〜2000年度)研究開発のスタート
4.気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)開催 (於:京都)
1998年 1.総合エネルギー調査会 「長期エネルギー需給見通し」を改定
  (2010年における太陽光発電システムの導入目標量500万kW)
2.「省エネルギー法」改正
3.「地球温暖化対策推進法」制定
1999年 1.総合エネルギー調査会に新エネルギー部会を創設し、新エネルギーの中長期的導入の審議を開始
2.新エネルギー技術戦略の策定
3.太陽電池モジュールが建材としての建設省大臣認定を取得
4.日本の太陽電池生産量は80MW、世界首位の生産量となる。
2000年 1.住宅用太陽光発電導入基盤整備事業延長(補助金交付)
2.新エネルギー地域活動支援事業の創設
3.グリーン購入法の制定
4.電力会社による「グリーン電力基金」の設立
2001年 1.ニューサンシャイン計画終了、太陽光発電システム技術研究開発
  (2001年〜2005年度、NEDO)スタート
2.長期エネルギー需給見通しを改定し、2010年の太陽光発電システムの導入目標量482万kW
3.RPS制度導入を準備
4.太陽電池生産量は世界390MW、そのうち日本171MW
2002年 1.新エネルギー電力発電法(RPS法)の成立
2.NEDO、集中連系型太陽光発電システム実証研究を開始